製品名
  シャープ 「サンビスタ
 太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換して利用する「ソーラー発電システム」は屋根に設置した太陽電池モジュールが太陽光エネルギーを直流電力に変え、パワーコンディショナが家庭で使用できる交流電力に変換するシステムです。
 昼間、発電した電気が余れば電力会社に売り、夜間など足りないときだけ電力会社から電力を購入するなどソーラー発電と商用電源の二つを自動に使いわけるので、光熱費を節約することができます。ソーラー発電モニタ(オプション)で、電機の売買状況と節約効果を確かめることができるので、暮らしの中で自然と省エネを意識することができます。
 太陽光発電システムのしくみ
太陽の光から電気をつくる
 太陽電池モジュール
このパネルで太陽の光を受けて、電気をつくります。
家庭で使える電力に変換する
 パワーコンディショナ
太陽電池モジュールで発電された電力(直流)を家庭で使える電力(交流)に変換。
さらにシステム全体の運転を自動管理します。
電力を各電気機器に送る
 屋内分電盤
発電した電力を各部屋で使えるように送ります。
売る電力と買う電力を量る
 電力量計
総発電量から、使用分を差し引いた電力(売電)量と、購入した電力(買電)量をそれぞれ計測します。


余った電力は売却する、
電力会社との連系システム。


発電し使用しても余った電力は電力会社に売り、
雨の日などの発電量が足りない時や発電しない夜間は
従来通り電力を購入します。
このような電力の売買を、
電力会社との系統連系により自動的に行います。
---------------------------------------------------------------
朝は買電 まだ発電量が少ないので、
朝の準備に必要な電力には足りません。
---------------------------------------------------------------
よく晴れた昼間は売電 発電量がアップ。消費量は少ないので
余った電力は売ります。
---------------------------------------------------------------
たくさん使うと買電 雨や曇り、またはたくさん電力を使って
足りない時は買います。
---------------------------------------------------------------
夜間はおやすみ 太陽が沈むと発電は終了。
電力を買って使います。
---------------------------------------------------------------
 太陽電池モジュール

 いろいろな屋根に合わせて、
         最適なモジュールをご用意。

  複雑な形状の屋根や小さな屋根、またスペースを活かせる大きな屋根など、
  シャープならそれぞれの屋根でより多く発電し、美しく設置できる最適な太陽
  電池モジュールの設置が可能です。


 高い発電能力と、美しい外観 BLACKSOLARモジュール

 2種類の大きさのブラックソーラーモジュールを組み合わせることで、より多く発電ができる設置が可能!専用のコーナーカバー
 で、落ち着いた外観を実現します。
 先進のBLACKSOLAR高効率化技術
 受光量をアップ
 バックコンタクト構造
表面の電極をなくし、太陽光をより多く受光できるようになりました。
 送電ロスを低減
 配線シート方式
銀電極と銅配線が面接続で直接つながり、さらに線幅が太いため、電流の損失が小さくなります。
 発電ロスを低減
 再結合防止膜形成技術
正孔が表面にとどまらないので再結合が起こりにくく、発電ロスを低減します。


 寄棟屋根のスペースを活かし、すっきり設置。  大きめの屋根で優れたコストパフォーマンスを発揮。

 屋根に合わせて効率よく設置できる「ルーフィット設計」
 サイズの異なる太陽電池モジュールを組み合わせ、屋根の大きさに合わせて効率よく設置できます。





 「低反射ガラス」の採用
 低反射ガラスを使用することで、光の取り込み量をアップ。
 「耐風圧性能強化」により、スペースが拡大
 太陽電池モジュール及び架台(太陽電池モジュールを屋根に固定する金具)の耐風圧性能を強化。
 屋根における設置有効スペースが拡大し、従来よりも屋根を無駄なく使えます。
 パワーコンディショナ

 高温時の運転抑制も少なく、1年を通じて安定稼働。
 真夏の高温時でも安定稼働
本体内蔵の冷却ファンや、アルミニウムを多用した筐体などで高い放熱性を実現。さらに風通しのよい屋外へ設置する事で、温度上昇による運転抑制を軽減し、暑い夏場でも効率よく運転します。

 電力ロスが少ないオールインワン構造
本昇圧装置や接続箱の機能を内蔵しているのでこれらの追加設備は不要。電力が追加設備を経由する際の電力ロスは発生しません。

 各屋根面の最大電力を取り込み変換
日の当たり方で各屋根面での発電量は異なります。シャープのパワーコンディショナは屋根面ごとに最大電力を取り込んで変換するので、つくった電力を有効に使えます。

 ダークグレーの色調とフラット感のあるデザイン
 近隣の生活環境に配慮し、騒音を抑えた設計 (運転音27〜41dB)
 1台の電力モニターで一括管理
電力モニタ1台で、パワーコンディショナを3台まで管理できるため、
大型の屋根へも設置しやすいシステム。集合住宅などの大容量
システムでも少ない機器数で対応できます。

●太陽光発電で使用する電力をまかなうとともに余った電力は売電できます。
 参考例 設置前 (約151,104円/年電気代を支払っている家庭)
 ---------------------------------------------------
  @1日中電力を消費し、特に朝と夜でたくさん電気を使います。

 --------------------------------------------
 -------------------------------------------
  @使用する電力はすべて電力会社から購入します。
 -------------------------------------------

 参考例 設置後 (4.2kWシステムを設置した場合)
 ---------------------------------------------------
  AB日中は発電した電力を使用し、余った電力は電力会社に
     売ることができます。

 --------------------------------------------
   C夜間や発電量の少ない雨の日などは、従来通り電力会社
     から電力を買います。

 --------------------------------------------
 --------------------------------------------
  B太陽光発電で月々の電気料金の一部をまかなうこ
    ができます

 ---------------------------------------
  A太陽光発電の固定価格買取制度により、余った電力
    は38円/kWhで売ることができるため、売った電力の
    金額が購入した電力(買電C)の金額を上回る場合も
    あります。

 ---------------------------------------
●オール電化にするとさらに効果が大きくなります。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ●時間帯別電気料金が適用され、 ●関西電力のオール電化住宅の割引プラン
 (2013年5月現在)なら・・・

太陽光発電システムの設置について、よくある質問にお答えします。
Q.設置に適した方角がありますか?
A.最も日射量の多い南面に設置することが理想ですが、
東西面は南面の約85%の日射量を得ることができます。北
面への設置については、発電量の低下及び近隣(北側)へ
の反射光被害が懸念されるため、設置をおやめください。

北西面 約73%   北面 約66%   北東面 約73%
西


85




85
南西面 約96%  南面 約100%  南東面 約96%
Q.太陽電池の寿命は?
A.表面がガラスで保護されているのでモジュールの場所は、平均して20年以上です。但し、設置場所や設置条件により異なります。
Q.停電時にも使用できますか?
A.停電時でも、太陽電池モジュールが発電できる状態であれば、パワーコンディショナを「自立運転モード」に切り替えることで、自立運転コンセントを使って最大1.5kWまで使用できます。切り替え方法は、電力モニタの取扱い説明書をご参照下さい。
Q.雪の多いところや、海岸に近い場所に設置しても大丈夫ですか?
A.最大で1.5mの積雪まで耐えられますが、雪が太陽電池の上に積もっている間は発電しません。また、太陽電池の上に積もった雪は、非常に滑りやすくなる場合があります。太陽電池モジュールを設置する屋根面の軒下に、玄関出入口や自転車等、落雪によって損傷を与える恐れがあるものがないかをご確認ください。損傷を与える恐れがある場合は適切な雪止め等の処置を行ってください。また、海岸に近い場所は、波しぶきがかからない所であれば設置していただけます。
 次世代のクリーンエネルギー

もっとも期待が集まる次世代エネルギー・・・それが、太陽光。
近年、環境問題や資源問題などへの関心が高まり、自然エネルギーが注目されています。中でも期待が集まっているのが、「太陽光」です。太陽光エネルギーは、「地球に到達するエネルギーの1時間分だけで、人類が1年間に消費するエネルギー量に匹敵する」ほど巨大で、地球偏在性の少ない再生可能エネルギーです。この太陽光を各家庭で電気に変えることが、年々深刻化する環境問題や資源問題の有力な解決策の第一歩になるのです。

環境への貢献効果も、期待できます。
自然エネルギーである太陽光を使う太陽光発電は、石油や石炭、天然ガスなどの消費を減らし、二酸化炭素の発生を抑えることができます。さらに、政府が目標としている2030年戸建住宅1400万世帯に太陽光発電を設置できれば、とても大きな環境への貢献効果が得られます。



石油や石炭を使わない、CO2を出さない、太陽光発電。
石油や石炭は限りある資源。また、これら化石燃料を使う火力発電では、地球温暖化の原因となっているCO2を排出しています。
どちらも次の世代にとって深刻な問題です。無尽蔵の自然エネルギーである太陽光を使う太陽光発電なら、エネルギー問題や環境問題に家族みんなで貢献できます。そして、もしも日本中に太陽光発電を設置できたら、とても大きな効果を生み出します。


●わが家で・・・ ●政府が目標としている2030年戸建住宅1400万世帯に
  太陽光発電を設置できたら・・・
余った電力を買い取る制度があります。
太陽光発電の固定価格買取制度
 平成29年度(2017年4月〜2018年3月)
 余った電力を電力会社が一定額で買い取る制度です。制度前は、通常で購入する価格と同額で買い取られていましたが、この制度が再生可能
 エネルギーを広く普及させることを目的としていることから、制度導入前よりも高い価格が設定されています。
買 取 価 格    30円(税込)/kwh (10kw未満、買取期間:10年間)
   21円(税別)/kwh (10kw以上、買取期間:20年間)
詳    細    資源エネルギー庁「買取制度ポータルサイト」  http://www.enecho.meti.go.jp/
  エコを応援する補助金制度があります。
佐渡市クリーンエネルギー活用事業補助金制度

 佐渡市では、自然と共生するまちづくりの実現に向けて、自然環境への負荷を軽減する太陽光発電設備を導入される方へ補助金を交付します。
補 助 金 額    太陽電池最大出力1kw当たりに8万円を乗じた額   上限額  28万円
詳    細    佐渡市役所ホームページ「クリーンエネルギー活用事業補助制度」
             https://www.city.sado.niigata.jp/l_guide/c_system/clean_energy/c_en_supp.shtml
  お見積もり・お問い合わせ先
   渡辺産商 株式会社 TEL 0259-27-3124
      営業部 担当 石橋 FAX 0259-27-6117

2007(C) Watanabe Sansyou Corporation. All right reserved.